善き牧舎としての幼児キリスト  (ムリーリョ スペイン)

随分と田舎で育ったもので近くに美術館といったものもなく過ごしていました 変わったのは大学に入学してからか イタリア語を学び東京の刺激も受けて ・・・ そして30歳前後にスペインに駐在 ヨーロッパ文化・芸術・歴史の一端に触れました ・・・でもやはり日本を知らないといけないと感じ帰国後は日本の歴史・お寺巡り・石仏 ・・・国立劇場 あぜくら会の会員となって文楽・歌舞伎・能・・・落語・講談なんかも  サントリホールに時々出かけてオーケストラの魅力を感じています あとミュージカルも

また幸いにもシンガポールに5年ほど駐在する機会がありアジア各国の仏教文化にも触れられたのは貴重な経験でした 退職したら飛鳥から奈良時代を中心に勉強してみたいと思っています