木星・土星大接近 2020年12月21日(月)

今日は木星と土星が大接近するというらしいのでニコン200-500mmレンズを手持ちレンズで撮影してみました

まあ写るには写りました (*^_^*)

先月以来様子をみていましたがだんだん近づいてくるのが分りました そしてここ数日二つの惑星が一層近くなると明るさが増したような気がしました たぶん400年近く前の人たちも同じように感じたのではないかな~

400年前 徳川家光さんの時代には人は平屋に住んで高い建物はないし夜の街灯ないしどこでも誰でもが普通に毎夜星空を見ていたと思います。

そんな中、明るい二つの星がなんかだんだん近づいてくる。 あれっ、どうなるんだろう、もしかしてぶつかってしまうんじゃないのかな。  ぶつかったら爆発してこっちまで火が飛んでくるんじゃないのかな?

 おっ、ほんとに一つになって明るくなった、ぶつかったんだ・・・・・・・・・・

 というのが昨夜だったんだと思います。

 写真は現代的な因数分解的なアプローチなのかも知れませんが、この天文現象をわくわく、ドキドキ、おどおどしながら眺めるそのプロセスがやっぱり星空の醍醐味のような気がします。

 望遠鏡で撮影した瞬間より毎夜の目で見る移り変わりがとても楽しかった そんな想いを持ったこのひと月でした (^^)

コメントを残す

次の記事

くるみ割り人形